月次決算書・経営計画書で中小企業を元気に!岐阜県可児市の税理士事務所

月次決算書と経営計画書で中小企業をサポートいたします

向井正義税理士事務所

岐阜県可児市広見1—37

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

0574-63-1201

業績アップのために、いま何に取り組んでいますか?

業績アップのために、いま何に取り組んでいますか?

2021.7.1

「K字決算」「K字経済」という言葉を見たり、聞いたりしたことがある方は多いと思います。
「K字決算」は、新型コロナウイルス感染症による影響が追い
風になって増益となったパターンと、逆に向かい風になって赤字になったパターンを、アルファベットの「K」になぞらえて表した言葉です。
今回は、業績が厳しい場合の対応について取り上げていきます。


<一日も早い業績の回復を>
 業種としては宿泊・飲食業、運送業などが厳しいと言われていますが、今後はじまるコ
 ロナ融資の返済のことも考えると、一日も早く業績の回復を図る必要が出てきます。

 「コロナだから・・」とか「緊急事態宣言が・・」と言いたくなる気持ちはわかりま
 す。
 ですが、それを言うことで事態が良くなるわけではありませんので、
知恵を絞って何か
 らの手を打っていくしかない
のです。


<まずは状況の把握から>
 利益 = 売上 - 経費
ですので、利益を出すためには、「売上を上げる」「経費を下げる」ことが基本となり
 ます。

 そこで、「売上を上げよう」「経費を減らそう」となりますが、その前にやっていただ
 きたいことがあります。

 それは、【コロナ前はどうだったのか?】の検証、です。
 コロナの影響で業績が悪化していることは間違いないわけですが、コロナの前には利益
 が出ていたのでしょうか?

 利益が出ていたのであれば、既存の商品・サービス(コロナ前から売っている商品やサ
 ービス)をいかに売るか、をまず考えます。
 ですが、既存の商品・サービスがコロナになる前から売れていなかった、利益が出てい
 なかったとなると話が変わってきます。
 既存のものだけを売っても状況が良くなるとは言えませんので、戦略を見直す(これま
 でとは違う商品・サービスに目を向けていく)必要が出てきます。

 そのためにも、【コロナ前はどうだったのか?】を検証する必要があるのです。


<売上を上げる>
 状況を把握した上で、商品・サービスを決定します。
 ・既存の商品・サービスだけでいけるのか?
 ・新たな商品・サービスを加えるのか?
 ・
どう売っていくのか?
それらの商品・サービスは、市場(お客様)が求めているものなのか?という視点が大
 切
になってきます。


<固定費を下げる>
売上(商品・サービス)の検討と並行して、経費の見直しもしていきます(すでに見直 
 しをされているとは思いますが・・)。
 会社の規模にもよりますが、社長自身が総勘定元帳(会計データ)を見て、経費を一つ
 一つ確認してみましょう。
 支出しなくて済むものはやめる。
 やめることはできないが金額を減らしたい場合は、弊事務所にお声がけいただければ、
電話代、水道光熱費といった経費の削減の提案ができるかもしれません。ご興味がある
 場合はお問い合わせ下さい。



 紙面の関係で、今回はここまでにしますが、実際にやっていくことはたくさんありま
 す。
 (どのくらいの現預金を持っているか。追加の融資は受けられるのかどうか。などの検
 討も必要です。)

【自社の
状況を把握したい】【税理士は変えられないが、会社が良くなる手伝いをして欲しい】【売上のアップについて悩んでいる】【経費の削減をしたい】
とお考えの方は弊事務所へお問い合わせ下さい。

可児、美濃加茂、多治見、岐阜、名古屋周辺で税理士をお探しなら、
向井正義税理士事務所

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0574-63-1201

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

21/9/13

お役立ち情報

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0574-63-1201

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サービス対応エリア

可児市、美濃加茂市、多治見市、岐阜市、名古屋市などを中心に岐阜県、愛知県が主な地域となっております。