月次決算書・経営計画書で中小企業を元気に!岐阜県可児市の税理士事務所

月次決算書と経営計画書で中小企業をサポートいたします

向井正義税理士事務所

岐阜県可児市広見1—37

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

0574-63-1201

まだまだ先が見えないからこそ、必ずやっておきたいこと


まだまだ先が見えないからこそ、必ずやっておきたこと
2020.5.1

新型コロナウイルス感染症の影響などで、特に慌ただしい状態が続いているかと思います。
自粛が緩和されていく中、すでに実行済みの内容もあるかと
思いますが、基本的な次のことについてはぜひ実行していただきたいです。

 

<資金調達・経費の見直し>
資金調達・返済計画の見直し(リスケ)
すでに資金調達をされた方も多いですが、徐々に手元資金が減少するというケースも
  出てきています。状況に応じて、早目早目に対応することが肝要です。
<資金調達の一例>
新型コロナウイルス感染症特別貸付(日本政策金融公庫)
日本政策金融公庫HP 
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/covid_19_m.html
要件 直近1カ月の売上が前年同月比5%以上減少など
※別途要件を満たすと、当初3年間、実質無利子になります。
  
(民間金融機関でも似たような融資がありますので、取引銀行へのお問い合わせ
も良いと思います)


経費の見直し
固定費の見直しをしていない場合は、総勘定元帳を見ながら、一つ一つ見直してみま
しょう。


<給付金や助成金受給の検討>
これまでは受給要件を満たしていなかったとしても、これから要件を満たすこともあり
 得ます。少なくとも下記の給付金・助成金については内容を確認しておきましょう。

持続化給付金 中小法人等は最大200万円、個人事業主は最大100万円
  要件 2020112月のうちのひと月の売上が前年同月比50%以上減少など
中小企業庁HP https://www.jizokuka-kyufu.jp/overview/

雇用調整助成金 従業員に支払った休業手当に対して、最大1010を助成
 要件 従業員を休業させて、休業手当を支払ったなど
 厚生労働省HP  
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/
      kyufukin/pageL07.html



<今後の収支と資金の見通し>
 今後も厳しい状況が続く可能性が高いです。
少なくともこれから先1年間の収支予測とそれを前提にした資金予測はやってみる必要
 があります

 1年後どのような財務内容になっているかを経営者自身が理解し、どのような対応をし
 ていくかを考えなくてはいけません。
すでに、世の中が、市場が変わってしまっています。ご自身のビジネスモデル、商品・
 サ
ービスなどを見直していかなくてはいけないケースも出てくるでしょう。

大変な時代とみんなが思っています。
「大変」=「大きく変わる」。私自身も胸に刻んでいます。

 

情報は日々変わっています。積極的に情報の入手をしていきましょう。
 経済産業省 
  新型コロナ関係パンフレット

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

 向井会計  
  新型コロナ対策支援情報 
   http://www.mukaikaikei.jp/15840027940939

コロナ情報まとめサイト 
https://covid19.shien-juku.com/?pmt=fjv2
 

 

このホームページの中に、『あなたを成功に導く事業計画』という動画がありますので、ご覧ください!

 ⇒ 動画あなたを成功に導く事業計画

 

可児、美濃加茂、多治見、岐阜、名古屋周辺で税理士をお探しなら、
向井正義税理士事務所

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0574-63-1201

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

20/4/24

お役立ち情報
家賃減額についての対応

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0574-63-1201

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サービス対応エリア

可児市、美濃加茂市、多治見市、岐阜市、名古屋市などを中心に岐阜県、愛知県が主な地域となっております。

ごあいさつ

向井 正義

社長に寄り添い、支えることをモットーとしております。ご縁に感謝いたします。