月次決算書・経営計画書で中小企業を元気に!岐阜県可児市の税理士事務所

月次決算書と経営計画書で中小企業をサポートいたします

向井正義税理士事務所

岐阜県可児市広見1—37

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

0574-63-1201

松下幸之助翁 『道をひらく』

 

松下幸之助翁 『道をひらく』

2020.3.1

 

新型コロナウイルス感染症による影響が全世界に広まり、先が見えない状況となっています。
不安や心配をお持ちの方が、本当に多いと思います。


今回は松下電器産業(現パナソニック)創始者の松下幸之助氏の言葉をご紹介します。
業種、社会的立場などによってお困りごとはそれぞれ違いま
すが、このようなときだから
こそ、しっかりと感じ取っていただければ幸
いです。自戒を込めてですが・・


<心配またよし> コロナ騒動に直面している今だからこそ
 何の心配もなく、何の憂い(うれい)もなく、何の恐れもないということになれば、この世の中はまことに安泰、きわめて結構なことであるが、実際はそうは問屋が卸さない。人生つねに何かの心配があり、憂いがあり、恐れがある。
 しかし本当は、それらのいわば人生の脅威ともいうべきものを懸命にそしてひたすらに乗り切って、刻々と事なきを得てゆくというところに、人間としての大きな生きがいをおぼえ、人生の深い味わいを感じるということが大事なのである。この心がまえがなければ、この世の中はまことに呪わしく、人生はただいたずらに暗黒ということになってしまう。
憂事(ゆうじ)に直面しても、これを恐れてはならない。しりごみしてはならない。
心配またよしである。
心配や憂いは新しくものを考え出す一つの転機ではないか、そう思い直して、正々堂々とこれと取り組む。力をしぼる。知恵をしぼる。するとそこから必ず、思いもかけぬ新しいものが生み出されてくるのである。新しい道がひらけてくるのである。まことに不思議なことだが、この不思議さがあればこそ、人の世の味わいは限りもなく深いといえよう。

 

<雨が降れば> コロナ騒動が収束した後の心構えとして
雨が降れば傘をさす。傘がなければ風呂敷でもかぶる。それもなければぬれるしか仕方がない。
雨の日に傘がないのは、天気のときに油断して、その用意をしなかったからだ。雨にぬれて、はじめて傘の必要を知る。そして次の雨にはぬれないように考える。雨があがれば、何をおいても傘の用意をしようと決意する。これもやはり、人生の一つの教えである。
わかりきったことながら、世の中にはそして人生には、晴れの日もあれば雨の日もある。好調の時もあれば、不調の時もある。にもかかわらず、晴れの日が少しつづくと、つい雨の日を忘れがちになる。好調の波がつづくと、ついゆきすぎる。油断する。これも、人間の一つの姿であろうか。
このことをいましめて昔の人は「治(ち)にいて乱を忘れず」と教えた。仕事にしても何にしても、この道理はやはり一つである。
雨が降れば傘をさそう。傘がなければ、一度はぬれるのもしかたがない。ただ、雨があがるのを待って、二度と再び雨にぬれない用意だけは心がけたい。雨の傘、仕事の傘、人生の傘、いずれにしても傘は大事なものである。

========================================

上記の松下幸之助さんの言葉は、『道をひらく』(PHP研究所)から取り上げさせていただきました。年齢、性別を問わず、ぜひお手元に一冊置いてじっくりと味わっていただくことをお勧めします。

力をしぼり、知恵をしぼって、この難局をみんなで乗り越えていきましょう!
 


このホームページの中に、黒字倒産!どんぶり勘定のコワ~い話という動画がありますので、ご覧ください!
 ⇒ 動画黒字倒産!どんぶり勘定のコワ~い話
 

可児、美濃加茂、多治見、岐阜、名古屋周辺で税理士をお探しなら、
向井正義税理士事務所

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0574-63-1201

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

20/4/24

お役立ち情報
家賃減額についての対応

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0574-63-1201

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サービス対応エリア

可児市、美濃加茂市、多治見市、岐阜市、名古屋市などを中心に岐阜県、愛知県が主な地域となっております。

ごあいさつ

向井 正義

社長に寄り添い、支えることをモットーとしております。ご縁に感謝いたします。